スポンサードリンク

2009年12月12日

グリーンに穴を開けるエアーレーション/ゴルフ場の仕事

グリーンのメンテナンスに欠かせないのがエアーレーションと呼ばれる作業です。これはグリーン場に穴を開け、空気の入れ換えをする事により、痛んだ芝や芝の根の成長を促し、グリーンを健康な状態にもどしてやる工程です。基本的に年に2〜3回ほどエアーレーションを行います(ゴルフ場により違いがあります)。



1.まずトラクターの後部にセッティングされた専用機械(針が付いている)でグリーン面を正確に穴を開けていきます。直径およそ1センチ、長さが5〜6センチぐらいの筒状の芝に抜いてしまいます。

2.その作業をグリーン面全域に行い、次に抜きあがった筒状の芝をスイーパーと呼ばれる機械で、すべての残りカスを吸い上げます。この状態でグリーン面には芝カスや残土はなし。

3.次に、グリーン場に目砂と呼ばれる作業を行います。これはグリーン面に全域に細かい砂をまき、エアーレーションで開けた穴を修復させるためのものです。砂をまいてはブラシの付いた機械でこすり、開いた穴に砂を詰めていきます。最後に散水(グリーン面に水を巻く)し、グリーンと砂を馴染ますようにします。穴がふさがるまでは、目砂とブラッシングを行いエアーレーションの穴の状態が落ち着くまで、この作業を繰り返し行います。

またエアーレーション作業の工程が終わると、グリーン面の硬さを整える転圧作業があり、この作業までしないと、ボールの転がりがハンパなく早かったりするので重要な作業のひとつとなります。

posted by hiro at 13:48| Comment(6) | ゴルフ場の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンカーのメンテナンス作業/ゴルフ場の仕事

ゴルフ場のバンカーの足跡を直す作業は、毎日欠かす事ができません。次のお客様のプレーの邪魔になるので、バンカーレーキ(三輪のバギーのような車両で後ろに、砂を慣らすハケが付いています)と呼ばれる専用の機械を使い、バンカー内を綺麗に整えます。



またバンカーは強い雨が降ったケースには、砂が流れひび割れた状態になるので、補修作業も日常茶飯事です。風の強い日には枯れ葉が入るのでターボブロアやブロアで飛ばしたりして綺麗な状態にしておきます。

年間通してバンカーのメンテナンス作業を簡単に述べると、春から夏にかけて行う砂の補充、バンカー周りの刈り込み。

また冬の時期には、バンカーのエッジ切り作業があります。バンカーの内側の芝をカッターで綺麗に切り取り、砂と芝の境界線を綺麗に作る作業です。カッターで切る人と芝をむしる人に別れ、各18ホールのバンカーを丁寧にメンテナンスしていきます。

posted by hiro at 12:26| Comment(0) | ゴルフ場の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。