スポンサードリンク

2009年12月02日

フェアウェイの管理編/ゴルフ場の仕事

ゴルフ場のフェアウェイは定期的に刈り込む事で常に芝の長さをキープしています。フェアウェイで使用されている芝は高麗芝が多く、4月頃から10月頃まで定期的に刈り込みメンテナンスしていきます。

もっとも勢いよく伸びる時期は5月〜9月。週に2回ほどフェアウェイモアという専用機械で、何往復もしながら刈り込んでいきます。



刈り終えた芝は、スイーパーと呼ばれる吸取る機械を使用し、刈りカスを吸取っていきます。また、お客さんのプレーが終わってから作業を行うので、夏の間は残業する事が多くなります。

寒くなってくるとフェアウェイの芝の伸びは止まり、芝の色がグリーンから黄色く変色してくるので着色と呼ばれる作業に入ります。これも機械を使用し、フェアウェイの芝を緑色に着色していきます。

また、フェアウェイの芝が常に健康に保たれるように、殺菌剤や栄養剤を与える作業も定期的に行います。

ラフも同様にノシバの成長著しい時期は、機械により刈り込みを行います。機械で入れない所は、フライやハンドマー(草刈り器)により人の手で刈り込んでいきます。このように機械と人間が手間暇かけ、あの素晴らしいフェアウェイが保たれているのです。

posted by hiro at 10:05| Comment(2) | ゴルフ場の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私は某ゴルフ場でキャディをしているのですが、コース課のキーパーが代わってからコースが汚くなった気がするんです。今までキレイなコースが当たり前に見えていたのに、どんどん作業ミスが目に付くようになり、フェアウェイのエアレーションの時期が梅雨時期の6月だったり、グリーンとカラーの区別が分かりにくかったりで、いったいどんなコース管理をしているのか気になるようになりました。作業がわかればこちらからお願いする事も出来るかと思ってブログを読ませてもらってます。もっと作業内容が知りたいです。これからの冬の作業など教えて下さい。よろしくお願いします。
Posted by taka at 2010年01月02日 20:49
コメント有難うございます!

そうですか、、基本的にグリーンキーパーの仕事は、就業時間が長く肉体的にも精神的にも厳しいお仕事と言われています。事実、人の入れ替わりが激しいのも事実です。

但し、ものすごく“やりがい”のあるお仕事です!その点はご理解下さいね。

冬場の作業にあたっては、植栽の管理、掃除、枯松の伐採、バンカーのエッジ切り、フェアーウエイの着色、ティーの着色、グリーンを雪や寒さから守る作業(シート着せる)がメインになります。

Posted by hiro at 2010年01月20日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。