スポンサードリンク

2009年11月26日

ゴルフ場の雇用形態について

長く続いている不況のなかで、ゴルフ場の経営状態もけっして良いとはいえません。ゴルフ場で働く人たちを大きく分けると、ハウスの仕事とコース管理の仕事になります。

ひとつ目は、ハウスのお仕事でお客様を出迎える受付や荷物を預かるポーター的な人、ゴルフ場の宣伝や集客を目的とした営業、パソコンや会社内の事をする事務職などがあげられます。また、お客様に食事をもてなすレストランの仕事も忘れてはなりません。料理人やウエイター・ウエイトレスも必要です。

もうひとつは、コースを管理するお仕事です。コース管理は自ら経営している会社から雇われる形と委託業務として雇われるケースがあります。また今、多いのは正社員という形をとるのではなく、契約社員という形で一年間つづ契約更新する雇用形態が多いようです。もちろん契約社員でも各種保険やボーナス(ボーナスがない所もあります)が支給されます。

また、人手が不足している場合にはアルバイトとして雇用する事も多く、時給的にいえば全国的に、平均750円〜1000円ぐらいのものでしょうか。

ゴルフ場によってアルバイトは、朝から夕方までの出勤時間や3時間から4時間ぐらいの決まった時間の中、働く雇用形態が多くみられます。

多くの人件費がかかるゴルフ場も、時代の流れにより芝の管理やメンテナンスなんかは、専用機械を多く使う事により人件費削減に努力している所もあるようです。

posted by hiro at 18:13| Comment(0) | ゴルフ場の雇用形態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手間暇がかかるゴルフ場の管理

海外や国内をはじめ経営されている多くのゴルフ場。敷地面積やコース内容に違いはありますが、基本的に1ホールから18ホールまで設置されています。

ドライバーを打つティー、アプローチが中心であるフェアーウエイ、パターでカップに入れ込むグリーン。これらをメインとしてゴルフ場は年間を通して人が管理や整備をしています。

ゴルフ場によって違いはありますが、アルバイト及び正社員数人から数十人で管理されているケースがほとんどです。詳しい内容は「ゴルフ場の仕事内容」に書きますが、芝の管理・植栽・カート道の掃除・ゴルフ内で使用する専用機械の整備などが挙げられます。

ゴルフ場を管理する人間は、客さんに楽しく満足したプレーを行ってもらえるよう、日々コース内を整備し人間と自然の共存を目指しています。

posted by hiro at 17:31| Comment(0) | ゴルフ場の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。